贅沢な自分空間。

日々、仕事も忙しく家事やら子育てやらとせわしない日常。。 ふと、「ひとりになりたい」なんて思う事はありませんか? それも出来れば贅沢に!綺麗な場所に行きたい!綺麗で贅沢な空間に! それが叶う、プレハブで出来た小さなお部屋。 素敵すぎ! 絵本の中…

プレハブの使い方。

今年の猛暑。まだ7月なのに。。 40度に到達してしまった地域もありますし、熱中症状となり亡くなられた方や救急搬送 された方が沢山いるとニュースになっていました。 小学校や中学校でも部活動を自粛しているといいます。体力のない子供は尚更の事この 異常…

タバコをコンテナで。

今や愛煙家の方々にはかなり厳しい世の中になりましたね。。。 公共施設はもちろんの事、レストランやカフェでも全日禁煙!も珍しくなくなりまし た。道ばたで歩きながらのタバコは罰金を科せられる地域もあります。 個人的にはタバコを吸わないので身をもっ…

プレハブ小屋で秋田犬と触れ合い。

平昌五輪で金メダルを取ったロシアのザギトワ選手に日本から贈られた事で有名になっ た日本の秋田犬。 お母さんとの「ちゃんと滑れたら飼っていい。」の約束通りに金メダルを獲得しまし たからね! そして、秋田犬保存会が秋田犬の子犬を先月プレゼント。 と…

コンテナから始まる町の交流。

人口減少や少子高齢化、相続税問題などで都心でも空き家、空き地が増えています。 地方都市では尚更でしょう。 実際、空き家や空き地は増えている分析結果がでています。 空き家、空き地があれば治安なども悪くなり更に悪循環にもなると思います。 近寄りが…

プレハブで労働不足を解消?

昨今注目になっている、労働不足問題。 少子高齢化や人口減少などが理由としてあげられています。今時の若い方は就職せずに ITを利用して起業する人もいます。 先日、食事に行ったら人手不足で店舗の半分のスペースが閉鎖されていました。。 ここまで現実的…

プレハブで卓球。

実に56年ぶりに行なわれる、東京オリンピック! だんだんとカウントダウンして舞い上がっております。 個人的には経験した事がない日本、東京でのオリンピックです。様々な工事や準備が進 んでいますが、どれだけの影響や変化があるのか正直想像がつかない所…

コンテナで災害時にもプライバシーを。

日本においては主に地震災害が大きな問題です。災害時には相当な被害が想定されても います。現に熊本や鳥取でも大きな地震がありましたし、これからは南海トラフ地震 や、東京直下型地震など。 とても怖いし、考えたくない事でついつい災害対策を先延ばしに…

コンテナで出来た山の中のカフェ。

青森県弘前市の山中にあるコンテナで出来たカフェを見つけました。 開業までにオーナーさんはとても苦労されたそうです。。 その分とても素敵なカフェですね。 外国から取り寄せたお洒落なコンテナをカフェに。 大きな窓から見える景色はとても綺麗です。 昨…

プレハブ薬局からの始まり。

酷い被害をもたらした東日本大震災。当時の記憶は薄れる事無くテレビを通して見てい る映像がとても怖いものでした。 被害に遭われた方や現地にいた方を思うと言葉もありません。 日本中からの支援、海外からの支援と沢山の人々が一丸となり頑張ってくれまし…

女子がお泊まりする素敵なコンテナハウス。

茨城県で、フレッシュな野菜を収穫してBBQなどが出来る施設があるそうです。 畑から取る野菜は新鮮そのものですね。それを食するとはなんとも贅沢な。。。 素敵なコンテナの宿泊施設もあります。Wi-Fiもアメニティも電気器具も充実しているそ うなので、安心…

ドイツの有名建築家によるコンテナプロジェクト。

少し前の物ですが面白い記事を見つけました。ドイツの有名な建築家のお二人が手がけた、コンテナを使用したお洒落なショップ。 世界トップ5の靴ブランド、ビルケンシュトックが世界各国を巡回するプロジェクト 写真の通りかっこいい! 通常のコンテナのまま…

プレハブ小屋からオリンピックが始まる?!

パラリンピックのカヌー強化地点に選ばれた、土浦市川口にあるラクスマリーナ。 2020年に行なわれるパラリンピックに向けた障害者アスリートの練習拠点となるそうで す。立地がよく選手からも好評との事。カヌーを収容して、障害者用トイレなどを 併設したプ…

オーナー好みのコンテナに。

海上コンテナおしゃれに“変身” 飲食店や会議室 釧根管内で人気 安い建築費、内外装も自由に 船舶での貨物輸送に利用される海上コンテナが、釧路、根室管内で飲食店や会議室などとして活用されている。建築費用を安く抑えるだけでなく、鋼鉄製の武骨な外観を…

コンテナの形をしたカバン。

可愛いカバンを見つけました! JR貨物のコンテナをイメージして作られたコンナテバック。 A4サイズでつかい勝手もよさそう。そしてコンテナの様に丈夫そうです。他にもコンテ ナボックスやパソコンケース、「鉄道ファンで知らない物はいない」と言われている…

マスコミの為にプレハブを。

巨人で「名広報」として活躍してきた、香坂英典さんが昨年で定年を迎え、現場を去っ たという記事を読みました。今後は球団事業本部付として新たな仕事ぶりが期待されて います。この方、とてもカッコいい! 一時代を築き上げてきた有名な選手達の陰では必ず…

小さな4畳のプレハブ小屋から

卒業シーズンが過ぎ、入学シーズンになりましたが、 小学生から中学生に大きな成長を迎えられたお子さんをお持ちの お父さん、お母さん! 大切な6年間の思い出のいっぱい詰まったランドセル。 捨てないで! ランドセルリメイク工房さんなら 役目を終えたラン…

日本人の優しさとそこ力。

凄まじい被害のあった東日本大震災。 思い出すのもつらいはずが、忘れてはいけないと前向きに生きる人々のそこ力。そんな事を教えてもらえた様な記事がありました。 7万個の売上でカフェがオープン! 震災瓦礫をポジティブな製品に変えた「瓦Re:KEYHOLDER」7…

多様なコンテナのはじまり。

静岡県で海外輸出を拡大する為に、高機能な冷蔵コンテナでの取り組みが実施されたそうです。 なんと、航空輸送費の最高10分の1程度で船便は輸出が可能だそうです。しかし、問題は日数。航空輸送より遙かに日時が掛かってしまうために農産物の鮮度を保つこと…

特別な桜。

東日本大震災で海水に浸かりながらも生き残った6本の桜。 当時の生徒さんや、歴代の科学部員さんが仮設校舎のプレハブ敷地で大切に培養して育てた桜が新校舎に移植されたそうです。 沢山の方々の、沢山の思いを受け継いで来年綺麗に咲くことでしょうね。 楽…

被災者や復興工事作業員を支えた呑のん兵衛べえ横丁が閉店

釜石市の方々や復興に携わる方々の心を支えてきた、呑ん兵衛横丁が閉店を迎えました。 震災にて崩壊全壊したあと、仮設プレハブにて営業を続けてこられました。 震災から7年間、きっと沢山の地元の方々、復興工事に携わる方々の いこいの場だったことでしょ…

災害に備えて仮設プレハブ住宅

応急仮設 県供給2倍に2018年03月22日 ◇最大の被害で試算 1万5300戸→3万2300戸 南海トラフ巨大地震など大規模災害の発生時に必要となる応急仮設住宅について、県は供給計画を大幅に見直した。これまでは同地震で県内の住宅1万5000棟が全半壊…

カタールは船積み用コンテナを使用して脱着可能なサッカースタジアムを建設中!

all images and video courtesy of the supreme committee for delivery & legacy カタールの 2022年のサッカーワールドカップに間に合うように建設されるモジュラー式取り外し可能スタジアムの計画が発表された。このプロジェクトは、イベントのインフラス…

皆さんは住まいが未定の状況を味わったことありますか?(22%が住まい未定)

<福島県調査>仮設提供来春終了の5市町村 22%が住まい未定 福島県は13日、東京電力福島第1原発事故に伴う仮設住宅の無償提供を2019年3月末で終える南相馬市など5市町村の避難世帯の意向調査結果を公表した。同年4月以降の住まいが決まってい…

プレハブ型のスマート売店ソリューション

屋台もデジタル化の流れ! プレハブ型のスマート売店ソリューション「Warung Pintar」インドネシアの首都ジャカルタで2017年に創設された「Warung Pintar」は、インドネシア語で“スマートな売店”を意味する、プレハブ型テクノロジーソリューション。 現在、ジ…

JR貨物/汎用コンテナのサイズ拡大

日本貨物鉄道(JR貨物)は2月14日、鉄道コンテナ輸送利用の際に使用している汎用コンテナのサイズを、従来のものより高さを拡大したタイプ(背高コンテナ)に変更すると発表した。 <コンテナサイズの比較> <コンテナ車とコンテナの高さの比較(例)> コ…

手続き漏れで仮設店舗撤去へ

手続き漏れで仮設店舗撤去へ 台風被災、道の駅・妹子の郷 建築確認申請がされていなかった仮設店舗=大津市和邇中の道の駅妹子の郷で 大津市和邇中の道の駅「妹子の郷」で、仮設店舗として設置していたプレハブ一棟が必要な建築確認の手続きをしていなかった…

プレハブで!

https://www.ecodesign-labo.jp/interview/doukisangyo/ インスタで見つけました。 なんと、 「駄菓子屋」さん! 私の知っている、なんども通ったあの、駄菓子屋さんの面影すらありません。。 (30年以上前の事ですが) 行ってみたい!お洒落なプレハブ駄菓…

こんなプレハブ住宅に住んでみたい。

世界の小さな住まい方 えっ?これがプレハブ?お洒落な「The 2 PLUS Classic」 YADOKARIは、「ミニマルライフ」「タイニーハウス」「多拠点居住」を通じ、暮らし方の選択肢を増やし、「住」の視点から新たな豊かさを定義し発信していきます。そして、場所・…

仮設のプレハブを利用して手すき紙の福祉作業所が評判!

仮設の手すき紙が評判…南三陸・福祉作業所 和紙のような手触り 手すきで紙をつくる福祉作業所の通所者 東日本大震災で被災し、仮設施設で活動を続ける南三陸町の「のぞみ福祉作業所」の手すき紙が様々な形で活用され、注目を集めている。和紙のようなごわご…